水々しい作品が、ナチュラルなログハウスに溶け込む新井智の作品。
「厚いキャンバスに描かれた作品には、平面の絵には無い確かな存在感があります。
真冬に出会ったこの絵に、やがて来る新緑の季節を感じて一目惚れしました。」

                                        ―埼玉県Y町 A様
木村 繁之「夏」と、燭台も。
燭台はAさんの技術により、新しく配線を引いて電球を差し込んで、ランプに
したんだそうです。早く帰りたくなるようなお家ですね。